石について

2010年6月15日 (火)

ラピスラズリ

2009120518010000

瑠璃色の石のラピスラズリ。

この石に纏わるお話をひとつ。

その色から連想するのは宇宙。

空にある星が集まって天が生まれ

水の中の潮が固まって地が生まれました。

天は神々の霊界であり、

地は人々の物質界であり、

本来は霊界の霊体は物質界の肉体を必要とします。

そうして天地が一つに溶け合うとそこに新たな力が生まれ出ると言われています。

これからの未知の世を作る要素の繋がりのための理智と理解への道を作ってくれるのがラピスラズリでしょう。

天も地も奥の深い部分には瑠璃色の世界が広がっています。

実は人間の体の組織にもその世界が繋がっています。

地は血、そして智につながり、

ラピスは宇宙の天の色であると同時に人々の体内を流れる水(血液)と繋がる地中の深海の色とも現れます。

2010061417370000

この石は古代より、新しい文明のために人を育ててくれました。

長い時を掛けて生きる勇気と強さを与え智慧を与えて人々を導いてくれます。

気が付くと、ラピスラズリは進む方向が例え辛くても、その宇宙と地の雄大なエネルギーをもって、持ち主が乗り越えていけるように支えてくれます。

そしてそれは常に真っすぐ光に向かって伸びつづけるエネルギーで

その強さは測り知れません。

必要な方々が素晴らしいラピスラズリに出会われることをお祈り申し上げます。

| | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

石が教えてくれること

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

2010_0120collectionshira0080

古代から石はあらゆる邪悪をはね除け清める魔力があり、いにしえの知恵を持ち、様々な導きを与え、そして思いを増幅させてくれるものとして(特に霊能力の優れた者が)装身具として見に付けていたようです。

言霊は(普段の日常会話から祝詞やマントラ・お経なども含む)呪文と言われ、その使方次第では薬にもなり毒にもなり、石も同様でした。

石は持つ力の限りを尽くしてひたむきに持ち主の為に与えてくれると言われます。

石の持つエネルギーが良いか悪いかはそれを引き寄せる持ち主が判断されると良いでしょう。しかしご縁を全て肯定的に受け止めるようになれればいいと思います。

石には善も悪もない世界観を教えてくれるために様々な気付きを持ち主に与える使命を持っているようです。

人はいつもどんな時でも前向きに受け止める練習をこの世で行っているのだと思うのです。

石の存在があるのもそのためなのかも知れません。持ち主が越えなくてはいけない経験をして、それを見守り、励まし、時には惑わせ、寄り添い続けてくれる存在。

だから他人とは比べられません。今の自分に必要なレベルの試練があってその試練を越えて、さらに自分の次元を上げるしかありません…。孤独な葛藤があります。

大切なのは人の評価ではなくて、自分が幸せでいられる基準は自分にしかわからないという事でしょうね。

無理に得ようとしなくても自分の身の丈に合ったものを自然に引き寄せられるような人としての生長を見守ってくれる石の存在。

石は永遠の友達です

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

| | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

石のデザインと加工

Caz0guvvアメジスト原石「さて、どんなベース(下地石)にしようか?」

実はこのベース選びが一番肝心なのです。

あしらう宝石をいかすためではなく、あくまでもベースの石が主役です。

Caky2wgt ブリリアントにカットされた水晶にルビーのデザインが奇抜です。

Ca897wcc 大型ラピスにオパールの収まるホールを作成中。ラピスブルーに幻想的オパールの組み合わせは得意なデザイン。

Cayba52s こちらは大粒シトリンにスターサファイア・ウォーターオパールをはめ込み、シルバーワイヤーで仕上げてみました。

| | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

石飾り作り

思うままにアトリエで石飾りを作り、

ひとつひとつが出来上がっていく過程を楽しみにしながら

無情になって作り続けていきます。

作ってるときが一番楽しいひと時ですね。

インスピレーションだけでは作れません。

石は宇宙のエネルギーを持っています。広大で測り知れません。

そのために、宇宙にそぐわないものは作れないように出来ているようです。

そういうものは何度作り直しても何かが違います。

石が暗くなる、輝きがなくなる、自己主張する、ワイヤーが切れる、言うこときかないなど...

そして、ようやく出来上がってから

必要な方へ嫁いていくまでに

嫁ぎ先のお役に立てるように、

その使命を果たせるようにと

「よろこ美」をいっぱいに詰め込んだ

当サロンの石飾りをどうぞお試しください。

石たちと共にあなたをお待ち申し上げております。

|

2009年10月24日 (土)

石を選ぶ

一二三廊は石の店です。

身につける石飾りとの出会いがあるでしょう。あなたのお役に立つために使命を持つ生きた石があなたを当店に引き寄せてくれます。

石を選ぶ時は無になること。無から有を生み出す道理です。

無で選ばれたものは有のパワーを...そして

欲(有)で選ばれたものは無のパワーを生み出すでしょう。

欲や先入観を持つよりも、「きれい!」って素直に感じられるものが一番です。

無になること...は難しいと言われます。

無は空じること。空や海を思い浮かべてみると、なんて人間って小さいのでしょう?と

一度は思ったことがあるでしょう?そんなとき人は自我を捨てて無の状態にあるのではないでしょうか。

大きな存在を目の当たりにすると自分のことを忘れてしばしその存在に身を任せていられるのをとても安らかに感じられます(*゚▽゚)ノ

その心の状態が無になるということです。

是非当店でお試しくださいませ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

|

2009年10月15日 (木)

心で受け止め、感じて、愛でる間

[石の間]

一二三廊の作り手が織りなす美しく繊細で大胆な輝石の石飾りと、

一つ一つが持ち主のために使命を持つ生きた石の展示販売の間です。

石はあなたに話しかけてくるでしょう。

あなたが信じれば聞こえるでしょう。

その石との心のふれあいを感じてください。

あなたに必要な石や

あなただけのパートナー石が見つかるでしょう

|