« うれしうれしの道 | トップページ | 他人では無くて自分 »

2011年12月21日 (水)

ひとみ

いつか瞳に映るすべてのものとともに

愛とヨロコビを生み出していけたらいいな

人間は皆、愛とヨロコビそのものになるために生まれてきたのに

いつしかその使命を見失い

いつの間にか暗く出口のない迷宮を彷徨っていた

やっと真愛への扉が開かれ

元の道に戻ってこれた

ああ、この光をずっとずっと探し求めていた

自分の中にそれはずっとあったのに...ずっと外にあると思っていた

今瞳に映るすべてがキラキラ輝いている

今なら何故迷宮を彷徨っていたのかがわかる

今なぜここに居るのか、そしてなぜ生まれてきたのかがわかる

ああ、やっと戻ってこれた

真ん中に座す心が、光がこの中にやっと戻ってこれた

真愛の扉は開かれ

疑うことのない心が素直にそれを受け容れるとき

半分づつ少しづつ

大愛の日月の大神様のエネルギーに満たされていく

そして深く高く

自我が大我に目覚めていく

そして融け入っていく

ヨロコビのマツリの和のなかに

|

« うれしうれしの道 | トップページ | 他人では無くて自分 »

ひとり言の間」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひとみ:

« うれしうれしの道 | トップページ | 他人では無くて自分 »