« 感謝の響き | トップページ | 心が元、その後型示し »

2011年10月26日 (水)

再:「口開けて 腸(はらわた)見する 柘榴かな」

言葉は大切なもの。

昔、武士は口よりも行じることに重きをおいてました。

むやみに発すると自分を穢します。それは間違って使うと調和を乱すからです。口は火土水(ヒトミ)の火の位である霊的に一番大切な神の座を現します。

昔、武士は言いました。
「呟(つぶやか)ずして 耐うることを学べ」これは武士道の気高さを表わした言葉です。

心をかき乱された時に心の平穏をとるバランスは「和」すること。つまり、調和すること。

神経を細かくさせないこと。そして張り詰めない事。そのために鍛えることが武士道の究極の心の浄化でした。

武家(丸に十字)分家の末裔として生まれた私のDNAにはそんな遠い先祖の記憶が残されているようで

武士道の精神が甦るように心にはっきりと響いてくる感覚があります。

しかし大切なのは血統ではなく、霊統です。武士道の精神はその時代のものですが、その元を辿れば大和魂になるのでしょうか。

神示を行じながら一歩一歩その魂と霊統の尊さを身をもって皆様にもご理解いただける道には言葉はほとんど要りません。生き様(行い)そのものが大事だからです。

私達は皆、お百姓さん・武家・商家・王様・お姫様など今までに何度も様々な国々に生まれ変わり死に変わりを繰り返しながら、

今この時代を日本人として生まれてきたという事は

元々の魂が大和魂を持つ霊統(日本人)だからかもしれません。

神示をよめば分かるのですが、そこに日本国と日本人の重大なお役目(使命)があることがわかります。

しっかりと流さないでそれを瞳とハラに叩き込んでいただきたいのです。

そこには全てが明らかになる鍵があります。

無駄にテレビや巷のこれからどうなる?どうする?の情報などを気にする必要のないことがはっきりしてきます。

気にしなくてはいけない大事なことが神示に書かれています。

もしあなたが日本人の霊統ならば神示を読めばあなたの使命をご理解されるでしょう。


|

« 感謝の響き | トップページ | 心が元、その後型示し »

調和(まつり)と愛について」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再:「口開けて 腸(はらわた)見する 柘榴かな」:

« 感謝の響き | トップページ | 心が元、その後型示し »